143: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)23:49:43 ID:2yD
あるカフェの誕生から閉店までの悲しいドラマを見た

旦那の転勤で数年前に引っ越してきた現住地は
田舎なのでカフェがなかった
喫茶店はあるけど、本当に喫茶店
朝から年よりの溜まり場で16時くらいに閉店
もしくは午後からカラオケ喫茶だかスナックだか
わからない店に変わる
そんな田舎町に5年前、カフェができた

自宅から見える場所で改築工事が始まった
「○○cafe 近日オープン」と書かれていたので
私はオープンを楽しみにしていた

実際オープンすると、脱サラしたマスターが経営者
適度な距離での接客も心地よく、小洒落たインテリア、
充満するコーヒーの香り、私は常連客になった
平日は週3~4回、土日は旦那と通った
近隣にcafeが一軒もなかったこともあり、そのcafeは繁盛して
土日はほぼ満席、平日も8割ほど席が埋まっていた

そして3年前のある日、私が一人でくつろいでいた午後
とある女性客が訪れた