1: キチママ 2014-02-19 20:28:02 
今年初スカッと。長文なので二つに分けまーす。
私たちの地区では
節分の日に集会所に集まって
皆で恵方巻を食べる行事があります。

その歴史は長く、
家には祖父が集会所で
恵方巻にかぶりつく写真が何枚か置いてあります。
しかし毎年毎年雰囲気をぶち壊す野郎はいるわけで。








以前からセコクレケチの三拍子そろったママがいまして、
「娘の分も作って」と言っておきながら
当日1人で恵方巻を2つ、
ぺちゃぺちゃ喋りながら頬張る。
「2つも食うな」と言うと
「息子が風邪引いちゃってぇ~」
「喋るな」と言うと
「少しぐらい良いじゃなぁ~い」
何回か繰り返すと逆ギレする始末。
こんなんじゃ願い事なんて叶うわけねーやwww、
と自治会長も投げ出す始末。

このままではこのキチのせいで
恒例の行事がなくなってしまうかもしれない...
と思った矢先、
私に恵方巻を作る係が回って来ました。

続きますよ。 


2: 
キチママ 2014-02-19 21:19:10
恵方巻の続きです。
他の方の分の恵方巻を作り終わり、
残るはケチママのみ。
一本づつ入れる刺身を2つに切り分け、
刺身と刺身の間にわさびを入れます。
もう一つには七味を大量に入れ、
激辛恵方巻の完成です。

そして当日。
皆が東北東を向いて無言で食べているなか
例年通りケチママは隣の子供に、
「やっぱり○○(私)さんの恵方巻は美味しそうねぇ~」
とぺちゃくちゃぺちゃくちゃと喋るわ喋るわ。
子供は「お前と喋ってたら幸福逃げるわ」
と言わんばかりのものすごい表情でした。

そしてケチママが激辛恵方巻をぱくり。
数秒後、その場に倒れこみ、
「うげっぐあぶどげぇぇぇ」
と奇声を発しながら転げ回るケチママを見て、
事情を知っている自治会長は
「毒か!?おい○○(私)何を入れた!?」
と素晴らしい演技を見せてくれました。

しかし、呻きながらのたうち回るケチママを見て
流石にヤバイな、と思い
水をケチママの口に流し込みます。
勿論濃い塩水です。

十分に踊り、苦しんだ所で水を飲ませ、
ネタバラシ(?)をして万事解決。
今までの人生の中で三本指に入ると思った武勇伝でした。

今度はひな祭り...(ニヤリ 

引用元: キチネタ募集!!

※「世にもキチな物語」様に許可を頂いて掲載しています。 



今週のオススメ長編記事!

夫「離婚だ」 → 私「ラッキーーーー!はいそうしましょう! で、ここは私の家なので、すぐ出てってくださいね♪」 → 結果www 1/4

「今日私の誕生日だったなあ」とか考えつつ食器洗いしてたら、気づいた。私なんて家族の誰にも大事に思われてない 1/3

子宮全摘で子供のできない私達は、ペットショップで譲り受けた足の悪いダックスフンドを娘のように可愛がっていた。だがある日、そのダックスが何者かに盗まれ… 1/3