332: 恋人は名無しさん 2008/01/10(木) 17:21:34 ID:drh6rzlF0
二年前の夏、
私が借りていたアパートが事情で住めなくなり、
たまたまそのときルームメイトが出て行ったばかりの
友人A美のところに引っ越した。 

一週間ほどたったある日、
A美が外出しているときに玄関のチャイムが鳴った。 
出てみたら同世代の地味な女の子が立っていて、
なぜか私の顔を見て驚いていた。 
「A美はどこ、あなたは誰」と言うので、
A美は出かけていて私はルームメイトだと答え、
とりあえず上がって待ってもらおうと
その地味子ちゃんに背を向けた。 
その途端、


スポンサードリンク

スポンサーリンク