pose_zetsubou_woman

引用元: 今までにあった修羅場を語れ



156: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)18:23:44 ID:???
フェイクあり。

兄の親友(A)に襲われたこと。
昼日中、兄が居ない時に訪ねてきたAをアパートにあげてコタツで世間話してたら足で触ってきて、
避けたら「オイ何逃げてんだよ」とかドス低い声で言われ、こっちビビってるとコタツ出て寄ってきた。


「落ち着いて下さい」「兄に言いますよ」って言っても止まらず、ガバっと覆いかぶさってて、
抵抗したら顔面殴られた。鼻血が吹き出て、それでAはちょっと我に帰ったらしくたじろいだので、
抵抗した際に落ちてたボールペンでほっぺたぶっ刺した。
Aは「おぉぉおおおおーぉ!!!?」みたいな叫びあげて、私もギャーギャーなんか言ってたら、
ドアがガンガン叩かれた。Aはドアに突進して靴も履かずに逃げてった。
ドアの向こうにはお隣の中学生が尻もちついてた。叫び声とか聞こえて心配してドア叩いたらしい。
中学生にお礼を言って、携帯で兄に連絡して、警察を呼んだ。
Aはすぐ捕まったが、私は鼻血だけ、Aはほっぺに穴が開いてて、警察ではAが被害者みたいな扱いだった。
しかも私にいきなりボールペンで襲われたと主張し、抵抗して手を振ったら顔に当たって鼻血が出たとまで。
ドアが叩かれて私が怯んだ隙に逃げたと。
水掛け論みたくなり、警察がお互い話し合って済ますように言ってきた。
Aの親戚がゴニョゴニョの関係者で、このまま争うのは良くないとも(これはこっそりと)言われた。
Aが親友だっただけに兄は憤ってたが、私は色々とショックで、兄は私の状態を最優先して結局示談?で済ませた。
内容は詳しく知らないが、何もなかった/お互いこれからは近づかないということらしい。

157: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)18:29:05 ID:???
それから2年経って、Aが事故死したことを別の兄の友人から聞いた。
Aと兄は絶縁したが、示談の条件だろうか、その理由は伏せられてたからAと付き合いのある兄友は結構いた。
事故死はただの事故だったが、Aはそれまで3度鼻の骨を折るほどの暴行を受けていたそうだ。
犯人は不明。
絶対兄だろと思った。
あれから何度か警察が訪ねてきてたのはそれか!?と思った。
事件以来引っ越して別居してた兄に聞くと、「俺じゃあない。アリバイもあるからそれも警察に言った」と言った。
でも長年一緒に暮らしてた兄だから嘘ついてるのは分かる。どうやったか知らないけども。
そして事故死の件も兄が嘘をついてる気がしてどうにも修羅場。

兄は顔も頭もよくて筋肉質でモテそうなのに女っ気が全く無い。その代わり男っ気は濃厚。
正直、兄が憤ってたのは私が襲われたからだけじゃ無いんじゃあないか?
兄とAってどんな関係だったの?
てか、ぶっちゃけると事件前から同性愛者じゃあないかって疑ってた。
色々考えてるとどんどん怖い考えになってくる。同性愛者は別に構わないし、単なる私の勘違いならいいんだけど。
そうやってひとりモンモンしてるうちに兄は海外を旅するバックパッカーになってしまった。もう何年も帰ってきてない。手紙は来るけど、住所はころころ変わる。
SNSとか検索したけど少なくとも本名じゃあやっていないみたい。
たまに電話はあるけど、兄に確かめたり核心をつくようなことを聞くのも怖くて吐き出し。

158: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)22:42:14 ID:???
仮に同性愛者でAと付き合ってたとしても怒りの最大要因は
自分の妹が標的にされたことだと思う、家族的にはいい兄じゃん

160: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)05:25:44 ID:???
これ事実なら、書いてるの兄のほうだと思う。

妹にとって「兄に守られる」というのは、
空気のように当然のことであって、
その理由や、さらに裏の理由など考えるはずがないし、
人が死のうがなんだろうが、状況・責任は兄のもの、で完結する。
推論がそれ以上展開することは、妹の視点からならありえない。

ここにあるのは
「さまざまな理由があって結果的に妹を守ってしまった」
という、望まぬ結果に対しての言い訳にしか見えない。
ならばこれは当事者の、兄の発言だ。
(逆に、そういう視点の完全創作である可能性もあるってことね。)

161: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)05:26:23 ID:???
年齢を重ね、冷静に分析すれば、妹は兄にとっては敵だ。
妹がいなければ、両親から自分への投資、つまり
「経済的応援」は倍増したはずだし、
年齢が数年しか違わないのに、
妹という他人の面倒を負担しなくてはいけないという
責任の押しつけは、両親に
「裏切られた」という現実を意識させ、
存在しなくてもよかったはずの妹と等価に扱われる、
いや、それ以下に扱われるということは、
「自分ができるはずだったこと」を奪われ、
「矛盾」を無理やり飲み込まされた、
という事実として、心に大きな傷を残す。
気づくのが遅ければ遅いほど大きく。

162: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)05:27:11 ID:???
人間なら、当然の帰結として妹など排除したいと願うだろう、
でも、矛盾に苦痛を与えられた人間は、同時に、強く、
強く願わざるを得なくなる、
「矛盾」の少ない側、つまり、
「法」の側に立とう、と。
「正義」とは違う。そんなものが存在しないことを、
妹が生まれた瞬間に叩きつけられているから。
けれどその結果、妹を排除するという解放への出口は塞がれてしまう。

そして、この状態で、
 「経済的」ダメージを蒙らせ、
 「裏切り」、
 「自分がやりたかったこと」を
  矮小なスケールで行おうとし、しかも失敗し、
そして、決定的なことに、自分が唯一拠って立つ
 「法」を犯した、
という条件の人間が現れたらどうなるか…。
すべてのブレーキが吹き飛ぶのも道理だろ。

ただ、この「兄」は、それを、
ブレーキが飛んでしまったのを悔いているように見える、
そして、一番悔いているのは
「法」のブレーキを効かせなかったことであるように、
見える。

163: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)05:28:20 ID:???
オレ、言ってあげたい、
少しくらいなら「法」を無視してもいいんだよ、
その道具は絶対万能じゃないんだ。
でもでも、「法」に従っても解決策はある。
今まで何年、十何年も我慢してきたのか、
いまやらなければ
これから何年我慢しなければならないのか、
君の未来はどうあるべきか?
幸せにあるべきと願っていいんだ、
他人のために、君が犠牲になる理由など存在しない。

引き換えにしなくてはいけないものはあるが、
法を守ったうえで、解放される方法はある。
旅行に逃げるのもいい、時間と経験が
君の傷を癒やしてくれるかもしれない、
でも、君を傷つける大モトを排除するのが、
回復のための、君が生きていくための最短ルートだ。

164: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)08:59:23 ID:???
よくよく読んでみると、どこにも妹(女)とは書いてないな…

引用元: 今までにあった修羅場を語れ