引用元: あなたの心がなごむとき〜第72章



228: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2016/01/30(土) 08:49:58.81 ID:L+DfJiet.net
364: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 02:16:12.85 ID:V6WKxI+d0.net 
俺と嫁は生まれた時からの幼馴染で、好きになったきっかけわりと変わってる 
俺が6歳くらいの頃のある日、近所を自転車の練習がてら散歩してた 
嫁の家の前を通ったら、前庭に大きな穴が空いてた 
びっくりして近寄ると穴の中に嫁がいた

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク


 
思わず「何してるの?」と声を掛けたら穴の中の嫁が振り返った
呆気に取られてる俺に嫁はにっこり笑って答えた
「穴掘ってるの!地球の裏側へ行くんだよ!(*´∀`*)」
本気でそう言い切った嫁がむちゃくちゃ可愛かったのを今でも覚えてる
たぶん俺が嫁を好きになった瞬間だったと思う
一緒に穴掘りしたり石を集めては貢いだりして15年かけて嫁を落とした
そしてまた5年かけてようやく一昨日に婚姻届を出せた
そしてハネムーンは嫁と地球の裏側へ行くと決めたよ
20年越しの願い事叶ったー!と喜んでる嫁が可愛い

229: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2016/01/30(土) 15:42:41.59 ID:Y531hMsd.net
>>228
この文脈で「嫁を落とした」だと、デカい穴掘って突き落とした、とも
読めてしまうなw

まあ何はともあれ、末永くもげろw

230: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2016/01/30(土) 16:20:23.19 ID:UhiVzu13.net
嫁も20年前に旦那と穴掘ったこと覚えてるってわけか。もげろ。

232: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2016/02/06(土) 02:38:18.38 ID:1kP8mwOK.net
今頃、穴はどこまで進んでいるだろうか・・・

引用元: あなたの心がなごむとき〜第72章







スポンサーリンク