引用元: 見てしまった!!すごい修羅場14



71: その1 02/10/28 08:11 ID:sRtDI+FL
去年の話です。 

彼氏の部屋で夜、さぁこれからエチーとい雰囲気の時にインターホンが鳴った。 
もう夜11時くらいで、そんな時間に誰か来る予定もなかったのでおかしいな、と思いつつ 
彼が玄関に向かうのを後ろから見ていました。 

彼の部屋はワンルームで玄関まではちょっと廊下があるだけで、ドアを開けると外から部屋は丸見え。 
半分ハダカだった私は体をシーツで隠しつつ、玄関の動向を伺っていました。 

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク



インターホンを鳴らしてすぐ出てこなかったからか、
ドンドンドン!!とドアを叩く音がずっとしていて(声はしなかった)
彼が「んだよー。誰?」と言いながらドアを開けるのと同時に女が飛びこんできて
気付いた時にはベッドの横に立って私を見下ろしていました。


72: その2 02/10/28 08:18 ID:sRtDI+FL

あまりに突然の出来事で彼も私も一瞬ボーゼン。

「なんなのよ!!!やっぱり男がいるんじゃないの!!!」

突然その女が私に叫び、私と彼は我に返りました。
「男がいる」?・・・ってことは対象は私?彼の浮気相手じゃないの?と思った時
「誰だよ、お前!」と彼が玄関間から戻ってきました。
「おい!」と彼が女の肩をつかむとその女は急に泣き出して
「どうして・・・?なんでこんな女がいいの・・・?」としゃがみこんでしまいました。

「この人知ってるの?」と彼に聞くと「見たこともない。知らない」。
でも浮気をしていたなら認めるわけがない。
でも私に向かって「やっぱり男がいるんじゃないの!」って言うのはおかしい。
もうなにがなんだかわからず、その女に「あなた、誰なの?」って静かに声をかけました。
(刺激したらいけないと思ったので。)

73: その3 02/10/28 08:26 ID:sRtDI+FL

女は子供が泣くときみたいに両手で目をこすりながら
「なんでなの・・・私のほうが愛してるのに・・・愛してるのに・・・・」と
グズグズ泣くだけで、その場を動こうともしないので、
私が「本当はこの人と浮気してたんじゃないの?」と彼に詰め寄ると
彼は絶対のそんなことはしていないと言う。

「ねえ、泣いててもわからないから」と私が女に言うと
「だって・・・私のほうが愛してるの・・・愛してるのに・・・」と繰り返すばかり。

私は本気でヤバイと思い、女に見えないように、彼に警察に電話をするようジェスチャーで伝えました。
彼が携帯を手に取ろうとしたその瞬間、「○×って知ってるでしょ!!」と
女が私にまた叫びました。

その名前は私の元彼で、別れてからもう1年以上が過ぎて、忘れかけていた名前でした。
「あの人、あんたなんかのこと今でも好きだって!忘れられないって!!
もうきっと他に男がいるって言っても、私のほうが愛してるって言っても全然わかってくれない!!
あんたが生きてるからいけないのよ!!」と私につかみかかってきました。

79: その4 02/10/28 08:44 ID:sRtDI+FL

彼が後ろから「やめろ!!」と女を羽交い締めにしたものの
本気で暴れる人間の力というのはすごいものらしく、今にも彼の手を振りほどきそうでした。
部屋の外に連れ出そうとする彼を横目に、私は警察に電話をしようとベッドから出ました。

玄関のドアがちゃんと閉まってなかったので、彼と女はもみ合うように廊下に出ていって
私は携帯を手に110番に状況を伝えながら、彼が心配で玄関に向かうと
「わあああああああ」「きゃーーーー!!」という二人の叫び声が!!

慌てて服を着て廊下に出ると二人の姿はなく、となりの敷地の駐車場に二人の姿が・・・。
彼のマンションは柵が低く、もみあっているうちに3階の廊下から転落したのです。
あわてて警察にその旨を伝え、119番をかけながら二人が倒れている場所まで行きました。

「大丈夫!?大丈夫!?」と声をかけると、彼は意識があって肩が痛いと言い、
女は気を失っているようでした。
間もなくパトカーと救急車が到着し、二人は病院で手当てを受けました。

3階から落ちたものの、彼はかすり傷、女のほうも両足骨折で済みました。
一応念のため彼も入院ということになり、入院の準備のため彼の家に戻りました。
スポンサーリンク






81:   02/10/28 08:50 ID:ASjKdPn+
三階から落ちてかすり傷って、運がいいな
でも変な女に絡まれたからイーブンか?

82: その5・最終回 02/10/28 08:57 ID:sRtDI+FL

そこで私は元彼のことを思い出し、つきあっていた当時の携帯の番号にかけてみました。
番号は変わっておらず、私が事情を話すと、返ってきた返事は「そんな女は知らない」。
でもその女は確かに元彼の名前を言ったし、その事で私を恨んで、
どうやって調べたのか彼の家まで来た・・・。

どう考えてもおかしいので、一緒に病院に来て女の顔を見ればわかるだろう、ということになり
元彼と私は再び病院に向かった。
ところが、病院に着きまず彼の病室に行くと、廊下で警察の人が待機?していて私を待っていたようだった。
彼にも事情聴取をしているようで、中で話し声が聞こえていた。

警察の一人が「さっきの女の人は、どちらの人ですか?」と私に聞くので
私はまったく知り合いでもなければ見たこともないこと、
元彼の事を知っているようだったので連れて来たことを話した。
ところが「困ったことがありましてね・・・実はあの女性、いなくなってしまったんです」

結局その女はどこに行ったのかわからず、彼も元彼も本当にそんな女は知らないという。
(警察での事情聴取なので嘘は言っていないはず)
警察でも私達が被害届を出さないのなら事件ではないし、敢えて探すこともしないというので
関わりたくなかった私と彼はそのまま今に至っています。

元彼のほうでなにかがあったという話も聞かないので、
あの女が誰だったのか、なぜ私に因縁をつけてきたのか、元彼の名前を出したのはなぜなのか、
全てが今でもわからないままです。

長文スマソ

83: 追記 02/10/28 09:00 ID:sRtDI+FL

なによりも私が怖いと思ったのは、その女がいなくなったとか
誰だかわからないという事実よりも、「両 足 を 骨 折 し て い た」のに
自力で歩いて?姿を消したことでした・・・。

86: _ 02/10/28 09:10 ID:IKCGnJM4
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

87: 猫舌 02/10/28 09:19 ID:Y5m9F8PV
ローカをずるずる這ったのかねえ
治療費はどうしたのかねえ

108: 71 02/10/28 13:43 ID:sRtDI+FL
>>87
廊下を這っていったのか、なにかを支えに歩いたのか・・・。
病院からタクシーに乗った形跡もなかったそうです。
その時もう夜中の2時くらいだったのに・・・。

彼女の分の治療費がどうなったのかはわかりません。
それ以上関わりたくなかったので、調べもしませんでしたし
警察からも病院からもなにも連絡はありませんでした。


引用元: 見てしまった!!すごい修羅場14







スポンサーリンク