引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その24】



621: 名無しさん@おーぷん 2017/12/05(火)07:47:12 ID:yaD
歯アレルギーになったこと。

私は元々出っ歯がコンプレックスで、高校生になったタイミングで歯の矯正を始めた。
人より顎が小さかったのもあり、臼歯を数本抜くわ強いワイヤーが必要だわで治療は大変だった。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク


治療を始めて5年が過ぎた頃。
定期検診で歯科医Aが「あぁこれはマズイですね」と呟いた。
聞くところによると、私は矯正のし過ぎで歯の根っこが溶けかけていたらしい。どういうことかと言うと、

私の体「歯の矯正痛いんやで」
私の体「歯が痛いのは歯のせいやで」
私の体「せや!歯がなくなればもう痛くないやで!」
私の歯「アッーーー!!」

こういうことらしい。
こうして私は歯アレルギーになった。

歯科医Aによると千人に一人の症例だそうで、私が許可していないのに歯科助手が口内の写真を撮り出した。
これに私の両親が激怒。

その歯科クリニックAでの治療を切り上げて、別のクリニックBに駆け込んだ。
何をしたかというと、5年の治療で撮ったレントゲン写真を歯科医Bに見てもらい、歯科医Aの処置が適切なものであったかの検証を行った。

結果、3年経過時点でアレルギーの兆候が見られた為、歯科医Bに医療ミスの言質を頂いた。
これをもとに歯科クリニックAと示談を行い、歯の矯正装置の代金相当を示談金として受け取ることになった。

その後は歯科クリニックBで引き続き治療をしてもらい、溶けた歯はもうどうしようもないものの、歯アレルギー自体は落ち着いた。前歯も引っ込んだ。

当時は「20代にして総入れ歯の危機!」と本気でガクブルしていたので、アレルギーが治って本当に良かったと思う。

622: 名無しさん@おーぷん 2017/12/05(火)09:07:18 ID:HLH
アレルギーというか歯根吸収ってやつかな?
いまではそれほど珍しい症状でも無いみたいだね
しかし恐ろしいな…


引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その24】





スポンサーリンク