引用元: その神経がわからん!その34





688: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)00:04:04 ID:E8n
母親と家で映画を観ていた
映画の内容は、恋人(A子)を暴行された主人公が犯人(小説家)に復讐するというもの
(恋人は暴行されたことを苦に自サツ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク



小説家は「A子を暴行した」という事実を
「A子と恋に落ちた」と捻じ曲げた恋愛小説を書いて大ヒット
これを読んだ主人公はA子に暴行した犯人が小説家だと気付き復讐を決意
最終的に小説家は主人公の策略により小説が書けなくなり、絶望して自サツした

この映画を観た母親がやたら小説家に同情する
「この人は小説が生きがいだったのに書けなくされてかわいそう」
とにかく「主人公はひどすぎる」と「小説家かわいそう」を繰り返す

しかも「主人公の恋人も暴行されたくらいで自サツとか馬鹿じゃないの」とまで言い放つ
(この女がタヒななければ小説家が復讐されることはなかったという主張)

この人頭おかしいんじゃないかと思った
実際おかしいことに気付いたので今は疎遠にしている

689: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)00:35:26 ID:nBK
>>688
脱毒おめでとう!
幸せになれ。
母親、もし自分がされたらどうすんの、ってきかれても、きっと共感も感情移入もしないんだろうな。
今後も母親との距離は適度にたもつんだね?



引用元: その神経がわからん!その34






スポンサーリンク