引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その6】




974: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)14:37:42 ID:6up
大学生の時に家屋調査士っていう職業の人を殴り頃しそうになったのが修羅場。

角部屋に住んでいたんだけどその家屋調査士ってのが大家の依頼で建物調べてたらしい。
俺の部屋の外の外壁に小さい亀裂があったから、信じられないことに勝手に大家から預かっていた合鍵で部屋に入ってきた。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク




その時に俺は付き合ってた彼女と乳繰り合ってそのまま寝てしまっていて、起きたら男がいたから強盗!と思って近くにあったポットを投げつけた。
相手がなんか言ってたけど彼女がそばで寝てたしはだかだったし守らなきゃって全力で男を殴る蹴るの暴行。俺もはだかだったのでフル*ン。

もう無我夢中で頭殴って床に押し倒した。
彼女に警察に電話って言って警察呼んで貰っている間に違うんですとか言ってる男をフル*ンで押さえつける俺。
ようやく警察が来たら女の警察官もいてバッチリ見られる始末。
警察官は最初に浮気現場に男が乗り込んで来たと思ったらしい。
その話をされた時俺もまさかと思って恐る恐る彼女に聞いた。即否定。

そしたらパトカーに連れて行かれた男が大家の依頼で家屋調査していて合鍵で勝手に入ったと自供。
大家にもすぐに連絡が言って呼び出されて合鍵渡して勝手に調べてくれと言ってたそうだ。


その後、慰謝料(二人分、彼女の方は増額)と引越し費用と俺の拳の怪我や打ち身の治療費を大家と家屋調査士に請求した。
大家が渋ったけど払わないなら裁判でも何でもするって言って払わせた。

家屋調査士の方は自分の治療費(鼻骨折、肋骨に罅、打撲、軽度火傷、切り傷など)で相サイしようとしたけど払わないなら住居侵入で警察に届けると言って払わせた。
俺は警察からの厳重注意で終わった。
貰ったお金の額は数百万。友人のアドバイスで法律相談所に行ってよかった。


今どきは大家が合鍵管理は少ないかもしれないけど、大家に絶対に合鍵は渡さない方がいい。
あと家にいるときは絶対にチェーンロック。これ大事。
勝手に人が入ってきた時の恐怖は本当に怖いから。



引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その6】




スポンサーリンク