引用元: 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】




118: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)05:56:47 ID:Qxb
※虫話注意

昔フリーターだった頃、寮に入った。
寮といっても、バイト先のオーナーが不動産業の方で所有している普通の賃貸で、
今何部屋か空きがあるから一人暮らしを考えてるんならどう?と誘われた感じ。
話を聞いたら、建物は少し古いけど駅が近くて人気のある立地、更に部屋も広い。
それを相場の3分の2程度の家賃でいいというので飛びついた。
建物の1階が飲食店だという所はちょっと引っかかったけど、住む部屋は6階だったからまぁ大丈夫かなと。でもそれが甘かった...。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク



119: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)05:57:38 ID:Qxb
家具やら布団を運び込んでいざ住み始めた当日、
バイトから帰り玄関を開けて部屋の電気を付けた瞬間

部屋の真ん中に4匹のG。

それがサーっと隅に散らばっていった。

虫が大嫌いだから腰を抜かしつつ、買ってあったサッ虫剤でなんとか退治。夜だったから音を立てないように気を使ったのもあり、ヘトヘトになりながらその日は寝た。
でももちろんそれで終わりじゃなかった。

120: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)05:58:30 ID:Qxb
それからは最低週2回は必ずGがでた。
日によって1匹だったり複数だったり、大きかったり子供だったり様々だけど、
退治しても退治してもどんどん出る。
もともと潔癖症なので部屋に家具を入れる前は徹底的に掃除したし(何故かこの時は出なかった)、住み始めてからもGの対策を兼ね毎日家具の隙間まで磨き上げたけど、一向にGの出現は減らない。

帰宅して玄関を開けたらG。
朝起きて壁をみたらG。
ボーッとテレビを見ていて、何か黒い影が横切った気がしてそっちを見るとG。
メイクしてて床に落ちたブラシを拾おうとしたらG。
顔を洗おうと洗面台を覗いたらG。
トイレの扉を開けたらG。
浴室にもG。

ある時は帰宅したら玄関の外のドアノブの上にいて、潰さないように傘でドアを叩いたりしてなんとか追っ払うまで一時間近くかかり、日付は変わるし寒いしで本気で泣いた。

121: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)05:59:03 ID:Qxb
食べ物の匂いがしないよう、家の中には冷蔵庫に入れたペットボトルのお茶のみにして、食事は全部まかないと外食にしてもやっぱり全然変わらない。
よく考えたら初めて出た日だって家の中には食べ物はなかったんだけどね。

自分ひとりだと完全にお手上げだったので色々ネットで調べ、「Gは人間が思っている以上に狭い隙間を通れる」という情報を知り、最終的に外と繋がっていそうな隙間を部屋中塞いだ。
それまでは玄関ポストとかエアコン排水口くらいで窓のサッシとかはノーマークだったけど、ガムテープで完全に目張りして、どうしても開けたい窓の所は布を詰めて、開ける時だけ取るようにした。あと、ベランダの地面と玄関先にもG避けのスプレーを撒きまくった。

122: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)05:59:45 ID:Qxb
そこまでやってようやくGの出現は月1くらいに減った。廊下はウロチョロしてたし、部屋の中でも毎日ビクビクしてたけどw
ちょっとした影がGに見えたりねwもうノイローゼに近かった気がする。
元々G含む虫全般大嫌い&実家は比較的新しいマンションでGを見るのなんて数年に1回、って生活からだったから、人並み以上に辛かった...。本当にあの時期は修羅場だった。
排水口付近が1番よくいたから、多分建物の中の古い管が全部Gだらけだったんだろうね。

結局そこは半年で出た。
本当はもっと早く出たかったけど、社長を恐れている上司に強く止められたせいで延びた。最後は社長に直談判したw

今住んでいるマンションは一匹もみないから安心して住んでる。



引用元: 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】




スポンサーリンク