名無しさんからのご投稿です。
ありがとうございますm(_ _)m



10年前近く前に体験した話。

その日は友達とファミレスで夜ごはんを食べてから
長いこと色々喋って、
0時を過ぎた頃にお開きになった。

車で友達を家まで送り届けて、
アイスでも買おうかな〜と近くのコンビニへ。
そこそこの田舎だから駐車場が広くて
ヤン車みたいなのが集まってたりして、
ウハwヤンキー怖いwwとか思いながら
アイスとお茶買って車に乗り込み、
さぁ帰ろうとエンジンをかけた瞬間、


スポンサードリンク
スポンサードリンク



助手席側のドアが開いておっさんが乗り込んできた。
意味がわからず固まる私。
 
おっさんはなんというか、
浮浪者?って感じの小汚い格好。
顔はハッキリ見えなかった(というか見れなかった)けど
髪の毛もヒゲもボサボサだったと思う。
えっ何知り合い?ンなわけないよね
とりあえず車を降りるべきか
でも下手に動いたら…とかグルグル考えて硬直してると、
腰のあたりでカチャッて音がした。
目だけでその辺を見ると
おっさんが黒い固まりをこっちに向けてる。
刑事ドラマとかでよく見るフォルムのやつ。
 
もう心の中では絶叫。
でも怖すぎて
ヒュッていう息みたいな音しか出ない。
何コレタヒぬの?私頃される?とか思って
完全に涙目な私。
 
おっさんはその黒い固まりを
ぐっと押し付けてきて、
「これわかるよね?」って聞いてきた。
無言でコクコク頷く私。
「じゃあ逆らえないよね?」→コクコク。
「お金くれる?」→コクコク。
「じゃあ出して」→コクコク。
財布から有り金全部(大した金額じゃないけど)出して
おっさんに渡すと、
おっさんは二ヤーっと笑って「ありがとね」と。
 
そんで最後に
「今のことは誰にも言わないよね?」って
また固まりを押し付けられたから
必タヒでコクコク頷いてたら車を降りてった。
もう怖すぎてそのまますぐ家に帰って寝て、
親とか警察には話せなかった。
 
それ以来そのコンビニには行ってないし
1人で車には乗れない。


引用元: 直接投稿用スレッド@はーとらいふ






スポンサードリンク