91: 1/2 2012/05/08(火) 00:07:02
大学二年の春休みにバイクで国道を走っていたら、
対向車線に右折待ちで止まっていた
軽自動車が最悪のタイミングで右折してきた。
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク

いわゆる右直事故って奴で、
こちらは急ブレーキかけたせいで
後輪がロックして横転、
そのまま道路を滑って
軽自動車の左横に激突した。

車とバイクに挟まれなかったが、
ぶつかった衝撃がかなりのもので
強く背中を打って息が止まった。

背中を打って息が止まるというのは
それまで体験したことがあったが、
今回のはちょっと我慢したくらいじゃ回復しない、
というか息を吸いたくても吸えなかった。

自分でも正直
「このまま息ができなければ死ぬ」
と思っていたが、どうやっても激痛で吸えない。
なんか、もう苦しくて苦しくて
体をビクビク動かすしかなかったんだが、
その最中にふと自分を見下ろしているのが
事故相手の運転者。

自分と同じくらいの年齢の女性で
同乗者と一緒に車から出てきたらしい。
他にも近くのガソリンスタンドの兄ちゃんとかが
自分を見下ろしていた。

見てないで早く救急車を呼んでくれ!と言いたいが
息ができない状態なので
当然喋ることもできない。
苦しいのでひたすらもがいていると、
スタンドの兄ちゃんが

「あ、痙攣してる。もうアカンな」

と一言。
運転者は同乗者と泣き崩れるし、
兄ちゃんは倒れたバイクを起こしに
向こうに行ってしまう。
自分はまだ生きているのに、
こんな他人の判断ミスで
死ぬのかと思ったのが修羅場。

92: 1/2 2012/05/08(火) 00:07:35
結局救急車は
ガソリンスタンドの他の従業員が
呼んでくれていたみたいで、
10分くらいするとサイレンが聞こえてきた。

その頃にはかすかに
吸ったり吐いたりできるくらいにはなっていて、
窒息する恐怖は去っていたが、
どこを怪我しているか判らないと言うことで
最初に倒れた状態のまま道
路に放置されており、
身動きできないのに
頭のちょっと先を
車が次々に走り抜けていったのが
第二の修羅場。

胸椎圧迫骨折で2ヶ月寝たきりになって、
留年しそうになったのが第三の修羅場。

夏ごろにはコルセットを巻いて
学校にいけるまでにもなったんで
前期試験はなんとか乗り切れたが、
その後油断して後期試験で失敗して
結局留年したのが第四の修羅場だった。

93: 92 2012/05/08(火) 00:08:49
スマソ

>>92は1/2じゃなくて2/2ね。


94: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 00:19:38
乙だけど怖ぁ〜
悪いけど、バイクはやっぱ危ないな

95: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 00:28:36
バイクが危ないんじゃなくて
危険運転をする軽の運転手が危ないんだけどね

96: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 00:30:59
無事でよかったねぇ。>>91
私も似た経験があるけど
まさに修羅場だよね。
こっちは心肺停止してたから
(でも意識はあった)
本当にこのまま死んだことにされるんじゃないかって
ものすごく怖かったなー。

98: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 00:49:58
>>95
もらい事故だろうが、
事故った時生身ですっとばされるから
危ないって事じゃないかな?

99: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 00:56:10
うん、どっちがいい・悪いじゃなくて、
何か事故になった場合、
バイクは何もカバーするものがなくて生身だからね。
>91だって明らか対向車が悪いし。

101: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 01:04:40
>>91
無事でなにより。
今は後遺症もなく全快?
軽のねーちゃんはどうなったの?
ちゃんと誠実に謝った?

103: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 02:36:59
エアバッグ付きのバイクもあるけど、
こういう事故じゃ役に立たないね
バイクの免許を持っている人は
バイクの動きを理解しているけど、
車の免許しか無い人は
どういう動きするか分からないからね
教習でバイクが実際の距離より遠く見える危険性とか習うけど、
覚えていないだろうしね

118: 91 2012/05/08(火) 09:16:31
>>91です。レスありがとうございます。

幸い後遺症はなく、
ぴんぴんしています。
医者からは
「あんた、もう10kg体重が軽かったらもっとひどいことになってたよ」
と言われました。
肉付きが悪いと、
こういうときに衝撃吸収してくれないそうです。

軽のねーちゃんは
一度病院に見舞いにきました。
社会人だった
そうですが、
見舞いに来たのはそれっきりで、
あとはそのねーちゃんのお母さんが
頻繁に見舞いに来てくれましたwww。

私がちょっと悪人面
(ヤンキーというより893)なもんで、
娘の弱みに付け込んでなんかされては、
みたいに警戒されていたのかもしれませんww。
まあ単にお母さんの方が
都合つけやすかったんでしょうが。

ちなみに任意保険は
お互いちゃんと入っていたので
事故の後処理は
割とすんなり進みました。

119: 名無しさん@HOME 2012/05/08(火) 09:47:15
無事でなにより。
その軽のおねーちゃん
もしくはおねーちゃんの母親が
今では俺の嫁ですデヘヘヘとかそういうオチはないのねw

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £40

スポンサーリンク