816: 名無しさん@おーぷん 2014/07/14(月)02:18:45 ID:elIxkGMxK
修羅場というには少し生温いかも。

私が中学三年生のときに
新しく赴任してきた現代文担当の教師がいた。

二十代後半くらいの若い女性で、
よく言えばフレンドリー、
悪く言えばちょっとうざったいノリの教師だった。
特に男子生徒にぐいぐい絡んでいく姿が
思春期の女子生徒たちには
「何あれ?男子ばっかり贔屓してない?」
と写ってしまい好かれてはいなかった。

季節がすぎて受験シーズンになると、
授業の殆どが受験対策のものになっていった。
ど田舎だったため塾に通う生徒は数える程度にしかおらず、
授業で行われる受験対策の小テストや過去問がとても重要で、
教師も生徒もそれを理解している故に
いつもは適当なDQNグループも
真面目に授業に取り組んでいた。
詳しい内容は忘れてしまったのだけど、
現代文では受験対策に
小論文の書き方を毎回毎回行っていた。
確か授業の九割が小論文で、
あとは少し文章の問題と漢字練習。
今になって考えてみれば
漢字練習は各自でやればいいし、
その他も学校から配布された問題集を
解いていればなんとかなるけれど、
小論文は実際に書いてみて添削してもらうことが大事だから
そういう風に対策をたてたんだろう。
正直そのときは
また小論文か…とややうんざりしていた。

そして受験当日、
現代文の問題を解いていくと、
なんと



あれだけやった小論文の問題はなかった。
時間内にどれだけ上手く、
どれだけ文字数を稼いで書き終えることができるか
という内容の授業ばかりだったのに、
実際に出たのは
「30文字以内でこの例文の要点をまとめよ」
みたいな問題だった。

「小論文で大半の点数はとれるんだから真剣にやれ」
と言っていた女性教師の言葉を
信じてやってきた生徒たちはプチパニック。
受験が終わってからは皆
「小論文でなかったよね?」
「あの時間はなんだったんだ!?」
と修羅場。

他校を受験していた生徒たちも
登校日に顔を合わせたときに
同じ話題を口にしてみんながざわざわし始めた。
元々好かれてはいなかったせいか
女性教師に対する非難が続いた。
その日、いつもなら向こうから
勝手に声をかけてきていた女性教師が
始終無表情だったのを覚えている。

結局女性教師はその年に
「他の目標ができたため」
とかなんとか言って教師をやめた。

もしかしなくても生徒たちよりも
ヤマを外したこの女性教師が
一番修羅場だったのかも。

817: 名無しさん@おーぷん 2014/07/14(月)09:52:24 ID:LZ1kXyV4b
いや中学生なら修羅場だよ
よくわからんけど、その年から出題傾向が変わったんかな?
教師ってそれは事前に分からんもんなんかな?

818: 816 2014/07/14(月)10:50:29 ID:N46xTIsFL
>>817
一応「名前さえ書ければ入学できる」
と言われている一部の私立高校では
小論文&面接というスタイルでの受験だったみたいです。

しかし授業で繰り返しやっていた内容とは少し違っていて、
確か「自由に自己紹介を書きなさい」
といった問題だったらしく、
受験したクラスメイトが
「なんか違った」とぼやいていました
(それでも合格はしたようです)

その他の教科は
そこまでヤマが外れていなかったので、
現代文だけ出題傾向が変わったのか、
それとも女性教師が勘違いしていたのか…。

そして古文はほぼノータッチで
「各自復習程度にさらっとやっといてね」だったため
結構苦戦したことを今思い出しました。

ちなみに受験後に教師からの謝罪や
説明などは何もありませんでした。

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その3】