729: 1/3 2006/09/11(月) 16:53:12
自分の武勇伝じゃないけど投下しますね
長いけどごめんね。

俺はブラジリアン柔術をやっているんだが、そこのジムのオーナー(31歳)の話。
オーナーはキックボクシングの畑からブラジリアン柔術に転向して、今茶帯。
 ※茶帯は滅多に居ない、まぁすげー強いってこと
身長185、体重80、もちろん超筋肉質で肌も浅黒い。
でも顔も雰囲気も爽やかで、話しやすいイイ人だ。

そんなオーナーが半月ほど前に市内を車で移動していた時に、
いきなり後方から走ってきた車が、オーナーの車の前に斜めに割り込んで止まったらしい。
黒塗りで、エアロが付き、下品なネオンが光る、ひとめでDQN仕様と分かる型落ちシーマ。
オーナーがワケもわからずにいると、シーマから土方作業着の金髪が降りてきたんだって。
で、オーナーの車のガラスを叩いて「降りて来い!降りて来い!」と怒鳴るらしい。
どうもヤンキーはオーナーの運転が気に入らなかったようだが、全然心当たりは無いそうだ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク


730: 2/3 2006/09/11(月) 16:54:34
オーナーは「いやですよ。僕は降りませんよ。」と言ったのだが、ヤンキーはさらに激昂し
「職人なめてんじゃねぇぞ!!!!!!」と絶叫したらしい
ドアやボンネットをバンバン叩くので、車を壊されたら困るなーと思ったオーナーは
仕方なくドアを開けて降りたらしいんだが、なんとそのままヤンキーが殴りかかってきた。
オーナーは反射的にタックル。ヤンキー、受身も取れず道路に寝かされる。
オーナー、そのままいつものクセでニーオンザベリーの体勢に持ち込む。
(注:ニーオンザベリーとは、寝ている相手の腹にヒザを載せて体重をかける技です。マジできつい)
押さえ込んで落ち着かせようとしたらしいが、ヤンキーは自分が何をされているのか
分からないようでとにかく叫ぶ。死に物狂いでもがくが、
格闘家のニーオンザベリーは素人にはちょっと外せない。あまりに体格が違えば話は違ってくるけど。


731: 3/3 2006/09/11(月) 16:56:34
ところがヤンキー、もがく中でオーナーのタマをぐっと掴んで来た。
オーナーは(これはやばいな)と思ったので、ヤンキーを作業着を掴み、十字締めで絞めあげた。
(注:十字絞めとは、相手の衣服の襟をつかんで首を締め上げる技です。マジできつい)
オーナーは「あのさ、とりあえずタマはなしてくんない?今、絞めてるからさ」と言ったのだが、
ヤンキーにはもう何も聞こえていなかったようで、
「死ぬ!!!!!死んじゃうーーーーん!!!!!」と絶叫した。
既に取り囲んでいた野次馬の方々からは失笑が漏れたらしい

オーナーはすぐにヤンキーを離し、「君さ、相手見てケンカ売った方がいいよ」と言い放った。
しかしゲホゲホしているヤンキーは何故かやたらとフレンドリーになり、
「強いねぇーー!!なにかやってるの!?」とニコニコしながら言ってきたらしい
オーナーは「何バカなこと言ってるんですか。僕はもう行きますよ」とシラを切って帰ってきたとの事だった。

ああいう輩って、鍛えてもいないくせによくケンカ売れるよな。
長くてすみません。


732: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/11(月) 16:57:59
>>731
>死んじゃうーーーーん!!!!!
瞬間的に来た笑いこらえて鼻水ふいた


735: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/11(月) 17:15:43
同じく「死んじゃうーーーーん!!!」に爆笑wwww
オーナーGJ!


738: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/11(月) 17:38:59
くやしい!くやしいのに・・・!死ぬ!死んじゃうーーーん!!ビクビク


739: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/11(月) 17:46:56
気持ち良くなってる!それ気持ち良くなってるよ!!



引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(37)

スポンサーリンク