458: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/22(月) 00:58:28
俺の嫁さん、4つ年上だけど全然気にならないな。
美人だし、料理巧いし、何よりも毒親のせいで歪んだ俺をずっと支えてくれていた。
嫁さんのお陰で、俺はまともな旦那に、そして父親になれたと思う。

ちなみに出逢ったのは俺が20、嫁さん24の時。



告白したけど『弟より年下は恋愛対象じゃないよ』と笑ってかわされた・・・・・。
それでも、他の男がアタックしていたのを牽制し、何度も告白。
んで、とある事件で俺の男らしさ頼もしさをアピールでき、見事射止めました。

結婚の時、毒父が『男は三年税金を払ってからが一人前。それをせずに結婚なんか許さん』とかほざいて反対した。
したら、
『では、俺君がその一人前とやらになるまで、私が支え続けます。お義父様はきちんと息子さんを見てますか?
俺君は、とても頼もしい立派な男性です』
と強面の毒父に負けずと言い返した。
正直、あん時嫁について何か文句言ったら、絶対差してやろうと思ってた。
結局婚姻届には親はサインしなかったため、兄と姉にお願いした。

『どうせ金が足らなくて泣きついてくるだろう』
と毒親は思っていたらしいが、
嫁は俺の毒親どころか自分の実家にも一切頼らず、
誰にも愚痴を言う事なく、
自分が独身の時に貯めた貯金を切り崩しても、俺を支え続けてくれていた。

嫁に出逢っていなかったら、
おそらく俺は未だ底辺にいたと思う。
嫁に感謝だ!!

459: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/22(月) 03:09:22
いい話だ!もっと詳しく!

460: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/22(月) 07:47:10
とある事件kwsk

461: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/22(月) 08:58:32
おはよう。
kwskもらったんで、ちょっとフェイク入れて・・・・・。

俺は中学でも荒れまくってて、
他の奴らとつるむ事なく、一人で暴れまくってた。
(教師と口論になり窓を割りまくったり・・・)
そこで毒父が世間体を恐れて、
俺をオーストラリアへ強制留学させられた。
俺も毒親から離れられるならと、二つ返事で了承した。
んで、俺は日本へは帰らず一人で生きていくと決意して、今までないくらい勉強した。
高校を首席卒業して、現地の大学へ。

そこで日本人留学生達と出逢う。
その中に三十代半ばの女の人がいて(ちょっと変わった人だった)可愛い子がシェアメイトとして
入って来たから、皆に紹介すると言ってくれて、皆でランチパーティした。
そこに嫁さん登場。

確かに美人だった。
しかも面白いけど真面目で、普通は留学となると羽目を外す女が多い中、嫁は異性ときちんと距離を取っていた。
好意を抱きつつも、俺は精神的に病んでいてその時はまともに話せなかった。
そんな俺を、嫁は色々気遣ってくれて、おまけに俺の部屋で皆で遊んだ時に、
冷蔵庫にチョコと牛乳しかない
俺の食生活を心配して、何かと料理を作っては御馳走してくれた。

俺は嫁も自分に好意を抱いてくれているのかと思って告白したが、嫁は
『・・・・・ごめんね、弟より年下は恋愛対象にはならないの・・・・・』
つまり当時の嫁は、俺を世話の焼ける弟のように思っていたらしい。

暫く友達として遊んでいたんだが、
俺達に嫁を紹介してくれたシェアメイト女の人が、
嫁をチヤホヤし始めてた男どもに立腹して、
嫁に英語を教えてくれる友達として、某半島の男を紹介した。

462: 458 2013/04/22(月) 09:28:07
ごめん>>461>>458です

噂によると、その某半島の男はそのシェアメイトのおばさん(あ、本音が)とセだったらしい。
恐らくその男に『日本人の女の子紹介するよ』とか何とか言ったのかもしれん。
嫁にも、『もう大人なんだから、後は自分で判断してね♪』とか言って来たらしい。

嫁はそれを聞いて断ろうとしたが、
相手の男がガンガン嫁の携帯に連絡して来て(
おばはんが勝手に教えた)

『一度で良いから会おうよ』としつこかったらしい。
シェアメイトの紹介だし、あまり断り続けるとシェアメイトが家に招き入れかねんと思い
(現におばはんは、毎週男を家に泊めてた。
部屋に鍵がないため、
嫁は常にドアに椅子を引っ掛けて防犯していたらしい)、
嫁はスタバを指定して会う事にした。

それで、英語の勉強と言う名目だから、
ノートやら本やら出したら
『君に必要な事は、コミュニケーションだよ』
とか言って来て、嫁に良い場所を教えてあげると強引に店から連れ出した。

んで男は人質よろしく嫁のバッグを持ってバスを乗り継ぎ、
行き着いた先はその男のアパートだった。
その間に男は携帯で、
シェアメイトのおばはんに連絡し、
『今日は遅くなっても大丈夫だよ~♪』
って言ってるよとニヤニヤしてきたのを見て、
嫁は二人にはめられたと気付いたらしい。

帰ろうとしたが、男がバッグを持っているため、
お金も携帯も持っていない状態。
仕方なく隙をうかがう為に、大人しく男の部屋へ。
それを見て男は、
『NOとはっきり言えない日本人の女の子が、抵抗を諦めた』
と判断したようで、
男はうきうきしながらシャワーを浴びにバスルームへ。

その隙に嫁はバッグから携帯を取り出し、俺に助けを求めた。
シェアメイトとその男がグルだから、
シェアメイトと親しい男達は信用ならんと考えたらしい。
確かに俺は、おばはんからモーションかけられてから(キモ!!)距離を取っていた。

463: 458 2013/04/22(月) 09:33:36
嫁は俺と連絡しながら外に飛び出し、周りを見たが知らない場所。
半泣きの嫁を慰め、ストリートの名前などを聞き出し、タクシーで救出へ。
だがシェアメイトの元へは帰れないため、俺の部屋へ避難させ、
俺がシェアメイトと話して契約解除し、嫁の荷物を運び出し、ていよく同棲へ(笑)

その件以来、俺は嫁にとってヒーローらしく、
弟という格付けから飛躍的に一人の男として評価がアップ!!
暫く一緒にいてもう一度告白したら、OKもらえた♪

付き合いながら、嫁は俺という人間を理解してくれた。
酷い家庭で育った為、温かい家庭を人一倍欲しているが、
温かい家庭を知らない為、それを恐れているという矛盾。
そんな矛盾を嫁は時間をかけて癒してくれた。

こんな俺が父親になんかなれんと、小梨を選択しようとしたが、
『大丈夫、あなたは責任感があるし、愛情もある。
ただ、表現の仕方が分からないだけ。
二十年かけて歪んでしまったものは、
私と一緒に二十年かけて変えていこう?』
と言われ、父親になる事を決心。

今は一男一女をもうけ、幸せいっぱいだ。
もう過去には戻りたくない。絶対に。
嫁と過ごしていると、日に日に幸せになっている気がする。

464: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/22(月) 09:52:18
いいはなしだなー
ごち

465: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/22(月) 11:13:17
裏山乙お幸せに

引用元: 妻が年上