219: 愛と死の名無しさん 2006/12/04(月) 12:08:21
10月に姉が結婚した時の事。
問題は無かったけど、新婦(私の姉)の化粧がとんでもない事になってた。
凄い色白で、肌が物凄く物凄く!きれいで、広末似の童顔かわいい系の顔なのに、
舞台化粧ですか!?と言いたくなるような色使い。

顔はすごく濃いピンク系の肌色に塗装されて、
チークはオレンジ系、アイシャドウはピンクピンク、口紅は赤。
アイラインはもう「目張り」って言いたい。
遠くから見るとまぁこんなもんかという感じでも、10メートル以内に近づくとギョッとする程の厚塗り。
ファンデじゃなくて、パテみたいなのをパレットで練って、コテコテと顔に乗せてく感じだったし…


スポンサーリンク



新婦が化粧を変えろ、変えないなら自分でする!と言っても  ばーさんメイク係は「あらあら、絶対これくらい塗った方がいいんですよ。  普段と違ってドレスも着るし、照明も当たるし、後悔しますよ?」 といって譲らない。  結局「一応プロだし…」という事になり、そのままの顔で式を挙げたが、  デジカメで撮った写真を見ると「ウッ…」となった。  父に「こんな顔に写った…」と見せたら「うぉ…」と言って絶句。  母と姉が控え室に行った時にカメラを持っていったら二人とも絶句。  結局怒って「絶対にダメ」「責任問題」とか言うばーさんを抑えて 姉が自分で化粧をした。  いつもよりは濃い目だけど、ナチュラルで姉らしくてとてもかわいい。  申し訳ないけど、出席者の義兄友人美容師さんに来てもらって仕上げをした。  確かに写真を撮るには多少濃い目の方がいいそうで そこにある化粧品を使ってキレイに色を入れていった。  撮った写真はばーさん化粧の不自然な上に 皮膚が妙に硬そうな姉?と、  ほんのりとばら色の頬にキレイな色の口紅で 全体的に透明感のあるかわいい花嫁さん。  どちらがいいのかは一目瞭然。  「最初からがんばってれば良かった」って今でも言ってる。

226: 愛と死の名無しさん 2006/12/04(月) 14:15:36
式の準備中に私が「式場専属ヘアメイクでいいよねぇ」と適当に言ったら
自ら遠方の腕のよい(らしい)ヘアメイクさんをブッキングし、
何度も「ナチュラルで!ナチュラルにお願いします!」と頼んでいたダンナ。

必死すぎて何故そこまでこだわるの?と尋ねたら
自分の姉がまさに>>219さんのお姉さん状態にされ
招待客600人クラスの大規模な披露宴でも真っ白パテ人食い口紅
ガッチリ写真も残り、本人も周囲も封印したい記憶だそうで。

228: 愛と死の名無しさん 2006/12/04(月) 15:17:04
九州の田舎だけど、そこそこ名の知れたホテルで披露宴した友人が
同じめにあってた。すごく可愛い子なのに。

やっぱり専属のババア(田舎は昔ながらの力関係が生きてるため、
へたに業者の入れ替えができないとか)がやらかしたんだけど。
写真みたら顔と首の境目くっきりで、てらてらしたタマゴをのっけてるみたいだった。そしてそこにけばい目鼻。

もう新郎新婦その両親みんな激怒してホテルに苦情をいい、
腕のいいフリーの人を頼んで無料で再撮影。でも当日の写真は一生残る・・・。
>>226はダンナの愛に感謝するように。

233: 愛と死の名無しさん 2006/12/07(木) 10:41:28
結婚式の時とか、成人式の写真の時ってなんかやっぱり普段の化粧と違うんだよね。
どっちがいいんだろう

234: 愛と死の名無しさん 2006/12/07(木) 11:09:38
普段のメイクでは、直で見てもドレスに対して華やかさが足りないし
フラッシュ強めで写真取られたら死人顔まっしぐら。
かといってフォトジェニックメイクだと近くで見たら怖い人。
普段よりやや濃い目ぐらいが吉。

引用元: ***** 私は見た!! 不幸な結婚式 26 *****


スポンサーリンク