オススメまとめ記事ラインナップ

父「家族旅行に行く」→家族全員「やったー!」→父「あ、言っとくけどお前らはメンバーに入ってないからな」

381: 名無しさん@HOME 2012/12/13(木) 19:01:34.57 0
私が小学生の頃の修羅場。
姉は当時大学生。
父親が私に家族旅行の話をしてくれた。
何月何日に新幹線でどこそこへ行って何を食べる予定というのを話してくれた。
小学生の私は楽しみで楽しみで仕方なかった。
前日、母と「楽しみだねー」と話してた。
       

スポンサーリンク

私「祖父が危篤なんです。行かせてください」→上司「誰が仕事するんだ。代わりを探せ」

405: 本当にあった怖い名無し 2013/07/27(土) 00:34:54 ID:25WYda5VP
スカっとしないし、DQ返しですが、3年越しの確執が終って整理したい。
ここで吐き出しても大丈夫?

407: 本当にあった怖い名無し 2013/07/27(土) 00:40:33 ID:3uUpARD2O
復讐になってるならok
       

キチママ「店長呼びなさいよ!」→店長「おうワシが店長じゃけえ!!何ぞ文句あるんやったらワシに言わんかい!!」

57: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/09(月) 19:47:57 ID:wp2GecTT
学生だけどラーメン屋でバイトしてる
店長はもうじいちゃんだけど一応元気で経営してる、
昨日の昼間に忙しくなって店長までがラーメンを出しにホールまで出てきた。
ラーメンを親子に出すと母親が「ネギ入れないでって言ったじゃない!!この子はネギ大嫌いなのに!!」と店長に激怒。
「食べてあげるけどお金は払わないから!!」と言い出した。
       

「寺の娘と結婚したいから、脱会したい」と話すと鬼のように怒り狂いだした学会員の両親。俺はSGI仏壇と金属バットを積んで、軽自動車を走らせた

341: 本当にあった怖い名無し 2013/07/23(火) 23:56:36 ID:SbAcZn8b0
両親が某学会員で、生まれついての学会員だった俺。
信仰心は皆無だ。気づいたら学会員だったというだけ。
既存の宗教ではないものを、「自分達で選んだ」という自負のある両親とは、ものすごい
ギャップを抱えていた。

まあでも、両親の前ではそれなりに装って、波風立てずにやってきた。
そして大学で彼女と出会って、交際し、そろそろ結婚を考えて、それぞれの親に挨拶を
しようという話になった。

その後、妙に元気がなくなる彼女。
相手の親(特にコワモテだと聞いていた彼女のお父さん)に挨拶することを考えると、胃が
痛くなりそうだったから、彼女もそうなんだろうと思っていた。

彼女の実家の住所にたどり着いた俺は驚いた。
そこはお寺だったんだ。しかも学会で「捨閉擱抛」と嫌いまくってる宗派の。
やや離れたところに車を停め、携帯で彼女を呼び出すと、
「学会のうちやって聞いてたから、言われへんかってん…」
泣きじゃくる彼女。俺自身は、学会には生まれついて所属していただけで、何の感慨も
なかったけど、彼女にとっては途轍もない重大な問題だったんだと気づいた。

当然その日は挨拶どころではなく、いったん帰って、先に俺のとこの両親から済ませよう
ということになった。
このとき、俺は学会を抜ける決意を固めていたのだが、両親も話せばわかってくれると
思って、バカ正直に「寺の娘と結婚したいから、脱会したい」という話をした。してしまった。
       

俺の名字に動物が入っているというだけの理由で「○○(動物)狩り」と称して暴行を加えたDQN共。でもな、動物の怨念って怖いんだぜ?

290: 本当にあった怖い名無し 2013/07/21 01:44:24 ID:SAWZiHAc0
復讐かどうかは分からないが深夜に書き逃げ
フェイクあり
俺は中学校の時に名前に動物の漢字が入っていることで今でいうDQNにいじめられていた。
申田→申→サル 猪刈→猪→豚 みたいなくだらないもので、主に大声で罵倒、たまに机に動物名の落書き。
ただ部活の友人達とは良好な関係であったため、いじめみたいな下らんことには無視を貫いていた。
ただ、中3の秋に事件が起きた。
ある日の校内放送で「○○が町に現れたので、下校の際は集団で帰ってください。」との放送があった。
ちなみに○○は俺の名前に入っている動物名。
俺の町、田舎であるくせにこういう動物には不慣れ。というわけで生徒たちは恐怖と興奮深々の半々であった。

ただ何を考えたのか、DQN集団は〇〇狩りだということで下校時に一人で帰る俺を襲ってきた。
       

インフルエンザでフラフラの私に「言い訳するんじゃない、甘えるな」と言った夫。夫がリストラされた時、あの時の私の気持ちを味わわせてやることにしました。

372: 本当にあった怖い名無し 2013/07/25 00:40:06 ID:RiJ3gwcvO
卒業後すぐに結婚して専業主婦になった。
新婚三ヶ月目にインフルエンザにかかった。
旦那は仕事なので一人で病院に行き、
私はポカリとお粥、旦那にはお弁当買ってリビングに置いといた。
ずっと腹を下していて三キロ体重が減った。
元々やせ形だったのが更にガリガリに。
四日間寝込んでたが旦那はリビングのソファで寝てたので顔を合わさなかった。
五日目、ふらふらしながらも家事をしてたが洗濯物を片付けてる最中に気絶。
夜中に顔を軽くはたかれて起床。
       

3歳児に向かって「サンタさんなんかいないんだよ?w」といったキチママ。子供が泣いておもちゃを放り投げると「いらないみたいだしもらって あ げ る ♪」

852: 名無しの心子知らず 2012/04/10(火) 20:56:05.25 ID:Cz2x6/Tl
まだ怒りが収まらないので書かせてください。

近所のママとその子供(AとA子とします)を家に呼びました。
Aとこうして会ったのははじめてでしたが、社交的で普通の人という印象があり、特に警戒もしていませんでした。
うちに来て、A子はうちにあるおもちゃ(某子供向け映画のキャラの等身大トーキングフィギュア)を気に入ったようでした。
Aもこれを気に入ったようで
「こんなのあるんだね~
いいないいなー!
うちもほしーい!」
と言っていました。
するとうちの子が
「これ、クリスマスにサンタさんがくれたんだよー!」
とA子に報告していました。
うちの子は現在3歳なのですが、少し成長も遅めだった為か2歳のときはサンタさんをあまり理解していなかったのですが
去年のクリスマスにやっとサンタさんを理解し、プレゼントを貰えたことをとても喜んでいたんです。
するとAが笑いながら
「私子くん、サンタさんなんかいないんだよ?w」
と言ったんです。

突然のことで、私も私子もぽかんとしていました。
       

ブログパーツ

スポンサーリンク
記事検索
Twitter
キチママ、復讐、修羅場、嫁姑争いを中心にまとめている生活系2chまとめサイトです。
こちらもオススメ
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
逆アクセスランキング

アクセスランキング
はーとらいふへのメッセージはこちらから
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク