昔俺をいじめてた奴を、リングの上で完膚なきまでに叩きのめしてやった

780: その1 2006/06/21(水) 22:54:02 ID:xwgOWKkA
大したものではないけど、一つ。

オレは格闘技をやる事が唯一の趣味だ。
10歳から空手を始め、27歳で総合に転向した。

だが、空手をやっていても、小、中学校の時はは酷いいじめられっ子だった。
ヘタレだったため、喧嘩が怖くて出来なかった。
そのため、理由もなく数十人に囲まれ、リンチされたり、突然階段から蹴り落とされる
などといった虐めを毎日のようにされていた。
当然、パリらされるなんていうのは当たり前だった。

その内の一人に、T坂というヤツがいた。
皆を扇動して、率先してオレを虐めていた、リーダー格のヤツだ。
オレが最も恨み、憎しみを持っていた人間だった。
中学を卒業してからは、全く接点などなかったが、
間もなく33歳になろうとしていたつい先日、思いもしない場所で再会する事となった。
スポンサーリンク
       

スポンサーリンク

バスの中大声でしゃべりまくる中年女たち!すると女の子「”お年寄り”はね、お耳が悪いの!だから声が大きくなっちゃうのは仕方ないんだよ?」車内爆笑。うつむくおばさんwww

67: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/20(土) 11:37:06.22 ID:QKkefp8z
平日の微妙な時間帯の電車内。チラホラ空いている席が目立つ。
前に座っていた小学生低学年くらいの女の子が、先日学校であった行事での体験を楽しそうに母親に話していた。微笑ましい。

駅に着くと旅行者らしきおばさん(50代そこそこ)数名が大きな声で話しながら乗車してきた。
「あら!ちょうどあいてる!」
「よかったわ~!座ろ座ろ!」
なんて言いながら足下に荷物を置き、おかしをバリバリ食べ始めた。
スポンサーリンク
       

A子「○○君(俺)浮気してる!別れて!」彼女「証拠は?」A子「この目で見た!」俺「ホテルの名前は?」A子「忘れた!とにかく別れなさいよ!」

96: 恋人は名無しさん 2008/09/24(水) 14:12:57 ID:/veyIxpp0
ちょっと前にあった話

3兄弟(兄、姉)の末っ子として生まれた俺は、就職後初給料で両親と上の兄弟へのプレゼントを買ってウキウキで家に帰った。
満面の笑顔で帰宅した俺は、リビングに彼女(U子)とその両親がいるのに気がついて驚いた。
U子とは高校の頃からの付き合いでかれこれ6年以上続いてて、U子の親とも一緒に釣りに行ったり仲が良かった。
冗談交じりでだが、結婚の話もちらほら向こうも交えてしてたくらい。

俺「ただいまー。母さん今日ryあれ?U子来てたんだ。おじさん達までどうしたんですか?」
母「ちょっと座りなさい」
俺「何何?どうしたの?」
U子「俺君、話があって来た。いくつか答えて」
俺「あ、はい」
みんな真顔でとても深刻そうな顔してたから思わず敬語で返事してしまったが、その後の内容も深刻だった。
U子「俺君さ、浮気・・・・してる?」
俺「はい?」
U子「浮気。してますか?」
俺「う、浮気?いやいや、してないよ。いきなり何なの?」
U子「私の目を見て答えて。浮気してないよね?」
俺「してません」
じーっと俺を見るみんなの視線がすごく気まずい。こういう時って潔白でも何故か悪い事してる気持ちになるんだな。
目を反らしたら信じて貰えないと思って俺も見つめてたけど、4対1じゃ気まずい。これぞまさに四面楚ry

U子「そっか。じゃもう一つ。エンコーしてる?」
俺「は い ?」
スポンサーリンク
       

本家「分家のできそこないにこんな嫁はもったいない!ウチがもらってやる!」→嫁「本家さんなんかじゃ私の家とは不釣り合いなのでお断りします」

202: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/04(月) 23:40:39.91 ID:YXQoWR8P
本家が膿家とも知らずに、俺が婿養子に出るということで嫁と一緒に顔見せに行った。

その日、嫁は絢爛舞踏と化した。

203: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/04(月) 23:56:05.42 ID:YXQoWR8P
嫁スペックを根掘り葉掘り聞いて、嫁が包み隠さず全部答える。
ボカして言えば嫁父は会社役員、祖父はある日用品の開発者で副社長
大叔父は国営企業の総裁・副総裁クラスで、祖父・大叔父叔母世代は皆旧帝・女学校出などなど……

そこで欲の出てきた本家の連中が
「分家の出来損ない(正直人生スロースタートなので言い返せない)なぞには不釣合い、本家に嫁ぐのが幸せ」
と言い寄ってきた。
スポンサーリンク
       

有能な女性社員Aに嫉妬したオッサンB「あいつは専務と不倫してる!」しかし奥様に嘘がバレた結果・・・

137: 1/2 2013/01/07(月) 11:22:45.36 ID:BduQz00R
武勇伝とはちょっと違うかもしれないけど、
10年に渡る話をスカっとまとめてみた

とある女性、Aさんが新卒で入社。
女性が少ない精鋭部署に配属。
早速「女は下働きしてりゃ良いんだよ」なオッサンBが苛め開始。
しかしAさんは大変に優秀だったため、すぐに頭角を現す
BはAさんから仕事を取り上げて掃除ばかりさせようとするも、
やがてAさんがいないと自分の仕事も回らない状況に。
そうなったらB、少しは態度を改めるかと思いきや
むしろAさんを専属奴隷扱い。やっとけよ!って仕事を預けて
妻子持ち企業戦士の俺が早く帰れるように動くのがお前の仕事だ!と宣う。
それでも有能なAさん、次々に結果を出していく。
Bは自分の成果だと言い張っていたが周りはだいたい解っている。
Aさんは間もなく、専務軍団率いるトップチームに移動。
するとBの仕事はすぐに滞る。
Bは部署違いのAさんの所に行って上から目線で仕事を投げるが当然断られる
気に入らないBは、Aさんが専務と不倫関係にあると言いふらし始める
だから抜擢されたのだと。
スポンサーリンク
       

団地に刃物を持った男が乱入!立ち向かう警備員はなんと若い女の子。大丈夫なのかと思って見ていると・・・

911: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/11(木) 14:31:00.89 ID:Lv4NIPDi
書き込み失礼します。
長いのでいくつかに分けます。
私がしたのではなくて、見たものですが前に住んでいた団地で刃物を使った事件がありました。
それを撃退した鳶たちと警備の女の子の話です。
フェイク有り。
数年前の話です。

当時その団地では改修工事が行われていて、その事件の日は足場の解体をしていました。
私はヒョロガリのおっさんなので、がたいのいい若い鳶のお兄ちゃんたちは少し怖いと思っていましたが、すれ違えば元気のよい挨拶をしてくれる人たちでした。
そんな彼らにいつもついて回る警備の女の子がいました。
綺麗で若い女の子なのに警備員をしてるという珍しさもあり、近所で話題になったりもしていました。
近所のおっさんたちは「今日、警備ちゃんとお話したんだよー。」なんてデレデレはなしていましたが、私は挨拶をするくらいしかできませんでした。
それでも勇気を出して一度「今日は暑いですね。」と話しかけたところ「そうですね。お体に気を付けてくださいね。」と返してくれて、その日は仕事を頑張ろうなんて思ったりしたこともありました。
スポンサーリンク
       

「ウエディングドレスは全部自分で作るんだ」と言い、本当に美しいドレスを編み上げた新婦。それを新郎母が・・・・・・

727: 愛と死の名無しさん 2011/02/27 23:04:14
仕事が洋裁関係で趣味が編み物の友人が結婚した時の事。
友人とは小学生の頃からの付き合いだけど、その当時から「ウエディングドレスは
絶対に自分の手でデザイン起こして全部作るんだ」と言っていた。
そしてその夢を実現するため、半年かけて本当に総レースのドレスとベール、ブーケまで編み上げた。
スポンサーリンク
       

ブログパーツ

スポンサーリンク
記事検索
Twitter
キチママ、復讐、修羅場、嫁姑争いを中心にまとめている生活系2chまとめサイトです。
スポンサーリンク
今までの人気記事をランダムで!

ランダム表示

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
逆アクセスランキング

アクセスランキング
はーとらいふへのメッセージはこちらから
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク